×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


<続く節約あれば続かぬ節約あり>
●電気代編
●ガス代編
●水道代編
だめだめ新米主婦トップへ

続く節約あれば 続かぬ節約あり<水道代編 その2>

○トイレの水はお風呂の残り湯で流す。
1日家にいる私は、やはりトイレも家でします(笑)。
でも、トイレの水って結構使いますよねっ
色々ネットで調べてみたところ、家庭で使う水の20〜25%をトイレの水が占めている模様
これだけの水を、お風呂の残り湯で済ませてしまえば水道代はかなり浮きますよね♪
水道代が高い我が家で、
「トイレを流す時は、お風呂の残り湯を使おう」と思うのも無理はありません(笑)。

[続かなかったわけ]
これは微妙に続いている、といった感じです。
なぜ「微妙に」なのかというと。ダンナに反対されたからです(涙)。
「そこまでしなくていいっ(怒)」って言うんです…
「そんなことしたら、便器や排水管にカビが生えやすくなりそうだ」と心配しているとのこと。
なので、残り湯の温度があまり下がらない夏場はやらないように決めました。
そして、これを作っている2004年12月現在。
ダンナがいない時間帯はお風呂の残り湯でトイレを流しています。
「さなだけがすればええやろ〜」と言っておいたら、納得してました(要は自分がやりたくなかったんでしょう。。。)
ということで。
我が家では冬季限定で微妙に続けられそうです。

[結論]
11月頃から本格的にやりだしたし、昼間限定のことなので、
請求がまだ来ていない現段階では、どれだけ節約できるかはっきり言えませんが。
「新しい水を使わない」ということですので、節水効果はかなりあると期待しています。
ただ。(私がへたくそなだけかもしれませんが)流すのにかなりコツがいります。そんでもって、よくこぼします(爆)。
慣れるまでは大変かもしれませんが、
うちのように水道代がバカ高いご家庭は試してみる価値があるのではないでしょうか?
追記:その後、やはり続きませんでした。何せめんどくさい。この一言。
やっぱ根性要りました(T-T*)フフフ…



↑TOPへ