×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


嫁入り修行未経験!?さなの過去

新米主婦の節約体験記
主婦業大好き!?我がダンナ

だめだめ新米主婦トップへ



嫁入り修行未経験!?さなの過去…大学卒業後(料理編)

大学卒業後。
それは、一般的には「社会人生活」を意味します。

しかし、私は就職しませんでした(できませんでした)。
やりたい仕事に就けなかったので、就職浪人したってことです。
(あ〜、恥ずかしい。。。)
で、ちょこちょことバイトをしながら、家に居候しておりました。

バイトと言っても、長期で続けてはいませんでした。
じゃぁ、バイトをしていない時は何をしていたのか?
弟の子守です(涙)。…ちょっと(いや、かなり)荒れてたんですよ(笑)。

そこで、忙しい母に代わって家事の大半&保護者代わりを私がするようになりました。
当然料理もです(汗)。
そうそう。
この頃から、(帰りが早い時は)母と一緒に台所に立つようになりました。

ここまで聞くと、
「おおっ、料理をするようになって、ようやく節約に目覚めたのか〜」と思われるかもしれませんが。
そーではありません。
だって、
晩御飯のメニューを決めてから買い物していたし、
高い物でも値段も気にせずに買っていたし、
家にあるものを使って何かを作ることなんてできなかったし(考えもしなかったし)。

流れで言うと、
母がお金を置いていって、その日食べたい物の材料を調べて買いに行き、
材料が残ったら、母が料理する時に使ってもらう生活をしていたという感じです。

ですから、野菜の相場や旬なんて全く意識していなかったので知りません(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
お肉もどの位の値段が安いのか・高いのか、わかりません。
食べたい時は、お刺身だって平気で買ってました。

やりたい放題していたんです♪

この生活、結婚が決まるまで続いてました( ̄ー ̄; ヒヤリ
結婚が決まってからこれまでの生活を振り返り、
「ダンナの給料じゃやっていけないっぽいな」と思い始めたんです。

しかし、結婚を決めてから結婚するまで3ヶ月くらいでしたので(笑)、
3ヶ月では私のスタンスが根本的に変わる事はありませんでした(T-T*)フフフ…

ただ。
節約に関してはここでも全く意識していませんが、
料理をしなければならない立場になったので、料理に関しては進歩したと言えるかもしれません(笑)。
例えば、そーですね〜…
お味噌汁が作れるようになったとか(爆)。
この頃の私にとってはかなりの進歩でしたヾ(@^▽^@)ノわはは

節約に目覚める最初の階段にようやくたどり着いた数年間です。
(まだ1段目にもさしかかってないですが。。。)



→次へ